ヨットレース初参戦


日曜日は私が係留している播磨ボートパークが母港の本荘ヨットクラブヨットレースが行われました。
クラブのArtemisさんからお誘いを受けていたが、う~ん操船技術もままならないのにレースなんて出て大丈夫か?と一抹の不安もある。
しかしいままで色んなレースと名の付くものに出た結果技術が向上したり、解らなかったことが見えてきたりということが多々あったので、安全第一で挑戦してみよう。 ヨットだってそうやって始めたんだから。
さて準備をすませ段取りの解らないまま艇長会議へ。
一応ルールの説明を受けるがわかったような解らんような・・・
とにかくぶつかりそうなったら逃げようw
そして桟橋の舫を解く。いよいよレース海面へ!
Dバースのみんなが「優勝してこいよ~ ビールおごったるで~」と送り出してくれた。
そんなんできるわけ無いやんw 志は高く目標は完走!!
レースのスタートラインを目指す。

すでに大勢の艇が集まってる。一人で乗船しているので何かあったら収拾つかないので離れた所でエンジンをかけたまま待機。
いよいよ時間も近づいてエンジン停止!
ポジショニング←レースに勝つためではなく安全にスタートするためのポジショニングねw
みんなすげ~な~ テレビ見てるみたい


さあ!スタートのホーンが鳴った!
風はマークの方向から吹いている。先頭グループは一気に西の海面へ
わたしは安全策で東の海面からマークを狙う!
東の海面は4艇ほどか・・・
事前にマークの位置は大体の説明があったがさっぱり分からん。
先頭グループとは逆のほうからアタックしているのでそのうち見えてくるだろう。
う~ん コース図ではこの辺にマークがあるはずなんだけど全く見えない。
他の艇も右往左往しているね。双眼鏡で見ている暇もないので他の艇にマークの位置を教えてもらって進んでみる。
なんだかかなり大回りしていたような・・・
折り返し後は追っての風。大嫌いなダウンウインド。
何がキライって船の上ではほとんど風を感じないので暑いのなんの
しかも周りを見渡すとみんなスピン(カラフルなセイル)を上げている
私は自分の船のスピンをバッグから出した事も無い。どんな柄をしているのかも知らない
当然揚げる事は出来ない・・・_| ̄|○ il||li
他の艇は一直線にゴールへ向かうがスピンを上げないわたしはジャイブジャイブで切りかえしゴールをめざすが他艇ははるかかなたへ・・・・
ゴール前バトルなどあるはずも無く地味~にフィニッシュ。
当然ビリだろうと思っていたが16艇中着順13位 修正12位

レースを運営されたスタッフの皆さんお疲れ様でした。
折角載っているのでスピンも練習してみようと思った日曜日でしたw

ヨットレース初参戦” への2件のコメント

  1. ひとりでセット、一人で上げて一人でトリムの練習しています。
    無論軽風の時のみですが。
    スピンソック作ればやりやすいようです。
    後、タッカーがあればもっとやりやすいようです。
    買うと高いですが、ソックもタッカーも自作出来そうですよ。

  2. >るふと ゆうさん
    そうですね。練習してみない事には始まりませんね。
    まずは桟橋でセットしてみて何をどうすれば良いかみてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>