漂流顛末記


Facebookやtwitterではぶつくさ書いてましたが一応纏めます。

 

1月3日 いよいよ回航だ。

天気は上々、3月上旬並み。

潮も13時までに明石海峡を通過すれば問題なし。

メンバーはおきやん、ぶっちゃん、私の3名

朝から皆、ご機嫌で出港準備に取り掛かる。

 

エンジンは整備段階からオイル関係に一抹の不安があったため

出港前にオイル量の点検。特に問題ない。

アイドリングはかなり不安定だが暖まれば問題だろう。

 

そして出港

エンジン快調、船底も綺麗で良く滑る!

そして15分ほどたった頃・・・・

 

パスン!ブルルルゥゥゥゥゥ・・・・・

エンジンスローダウン。

ここまでは原因不明だが毎回起こる現象ですぐ元の回転まで上がるのだが今回はスローダウンしたまま上がってこない。

 

・スロットルの開閉には全く応じない

・排気音も片肺のような感じなのでエンジンカバーを開けそれぞれ順にプラグキャップを外すが2気筒とも火は飛んでいる

・プラグがカブったのかと思い吸気経路のチェック。変化なし

 

あとは何だ?まさかオイルか?いや出港前にチェックした。

だが念のためレベルゲージを抜いた瞬間、まさかの煙!

ヤバイ!オイルが無い!急ぎ補給に取り掛かった瞬間

 

キュキュッ・・・・・Σ(・∀・|||)ゲッ!!

 

焼き付いた・・・・Ω\ζ°)チーン

 

何処かが割れたのだろう。

 

しかし、ここからどうしたものか?

出港してから30分も経っていないのでマリーナ付近だ。

海ではなく川だが水流は1ノットほど。

何もしなければドンドン流される。まずい。。。

 

ここでおきやんが一言「漕ごう!」

整備の時は渡し板を積んでいるのでこれを魯櫂にして進むんだ!

時間はたっぷりある!

 

えんや~とっと~えんや~とっと~♪

海はよ~海はよ~♪

などと歌いながら一生懸命漕いで見たものの流れには逆らえない・・・

すぐにセイルアップするが、前述のとおり春のような陽気。。。風が無い。

photo 1

 

結局横にしか進まないので泊められそうな岸壁までセイリング&魯櫂で着岸

 

着岸後しばしうなだれるの図

photo 2

 

マリーナからの応援が天使に見えるの図

photo 3





情け無い姿で振り出しへもどるの図。

photo 4

ああ、エンジン買わねばならん。つらいのぉ。

しかし、行きの回航でよく壊れなかったものよ。ある意味ツイてるのかな?

 

 

教訓:一抹の不安がある時は不安を取り除いてから行動しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>