準備から前日まで編 台北マラソン2016行ってきた!


久しぶりにヨット以外のテーマ。

 

大阪、神戸、東京各地のシティマラソンに5年間落選しまくりもう萎えてきたのよ。

大阪マラソンに至っては5年連続落選枠からも落選するという・・・・涙

と言う訳で以前西表やまねこマラソンまでは行ったのでもう少し先の海外に活路を見出し台北マラソンにエントリーした。

様々な過去の出場ブログで情報は出されているが、私もメモとして記録しておこうと思う。

 

まずはエントリーだが公式WEBサイト http://www.taipeicitymarathon.com/ から日本と同じようにオンラインエントリーとなります。こちらも日本と同じ抽選となるようですが外国人枠に引っかかってくれたらいいなあ。(何だか早い者順のような気もするが・・・・)

 

今年版の詳しい方法を書いてあるこちらのサイトが参考になります。

 

あとエントリー時に注意したのが「自分の名前は漢字で書かない!」です。

勿論自分の名前を中国語の発音で呼ばれて理解できる人は漢字でいいでしょうが解らない人は英語表記が良いと思います。

オンラインエントリーが完了すると「2016臺北馬拉松 抽籤登記完成通知 」という自動返信メールが来ます。エントリー締め切りが9/6 当選発表が9/8のスピードだ。日本もこのスピード感を取り入れてほしい。

 

で抽選結果は「2016 臺北馬拉松 參賽抽籤結果通知」というメールが来てサイトからクレジットカードで支払い。参加賞のシャツのサイズやもろもろを入力しますが外国人はパスポート番号が必要になります。

報到方式 受取はどうするか?は前日受付手渡しの「報到地點 : 臺北世貿三館 臺北市信義區松壽路6號(松智路A側入口) 」を選択。

 

全ての処理が終わると「[2016臺北馬拉松] 信用卡繳費成功,完成報名通知信」のメールが来て内容に間違えが無ければこれで出発までやる事無し。

 

で、レース前日の12/17(土)関空発桃園空港到着

IMG_3537

 

まずは空港内で両替。イミグレ通過後、到着ロビーを出て右手にサービスカウンターがあるので無料wifiの「iTaiwan」の申し込み。日本語でOK。パースポートナンバーと生年月日で即登録してくれる。事前のオンラインアクティベートも可能なようです。

今回IphoneとAndroidタブレットを持って行ったのだが何故かAndroidは繋がらず。

時間もないのでそのまま放置した。アプリがあるようだが事前に入れないといけないのかな?

IMG_3538

このiTaiwanアカウントを持っていると地下鉄や主要施設で飛んでいる「TPE_Free」にも接続可能で当面はしのげます。ただ、人の多い所で使うとあまり繋がらないのでもポケットwifiの手配をする方がお勧めです。

 

最初はあまり乗りかえしたくないので桃園空港からは大有巴士(大有バス)1960にのると会場前に直接行くので評判は良く無いようだがこれで行こう。

チケットカウンターで「たいぴぇい いーりんいー(台北101)」と大きな声で言って人数を指させば手続きはできます。10番へ行くと地面に1960と1961があるのでおじさんがチケット確認してくれます。

IMG_3665

 

バスを降りるときは日本と同じように降車ボタンを押すのだが全席に付いてないから前後の人に押してもらおう。だれかすでに押してると思うけど。

 

で、グランドハイアット(君悅飯店)で下車。目の前が台北市政府と臺北世貿三館だからすぐわかります。

IMG_3540

 

この選手専用入口から入るわけだがメールをプリントした紙を持って行くと良いでしょう。

受付カウンターに連れて行ってくれて荷物受取して手続き完了。

IMG_3544

 

あと当日荷物預けるなら専用赤バックを100元で買わないといけない。

結構しっかりしたつくりなので買っても損はないと思う。

ナンバーカードにバッグ用のカードも付いているのでこのように使う。

IMG_3560

あとは台北マラソンエキスポを楽しむなり夜市に行くなりホテルにいくなり好きに過ごしてくださいね。

あ、滞在中めっちゃ便利なプリペイドカード「悠遊卡(easycard)」は近くのコンビニで買えます。「ゆーゆーか ぷりーず」で通じます。あとはチャージしたい金額をメモで書いて見せればOK。詳しい使い方は沢山紹介されているので調べてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>