【後編】第30回 笠岡市長杯ヨットレース


レース当日。ええ天気です。

 

前夜祭で余ったおにぎりと艇で作ったあんかけ焼きそばの朝食でエネルギー満タン

 

ここで便利な中華丼のレトルトパックを使った船メシの紹介。

+フライ麺でのあんかけ焼きそばの出来上がり

+マルちゃん五目ピラフで豪華あんかけチャーハンの出来上がり。

入れ物をそのままお皿として利用できるので洗い物も少なくて便利。

 

元へ

艇長会議まで時間があるのでセイルナンバーを貼り貼り

IMG_3025

登録艇じゃないから別に貼らなくてもいいんだけど、他のセイルにはJ1950と貼ってあるのと運営さんの艇確認負担を減らそうという観点で同じ番号を表示した。

 

で、艇長会議。

第一マークはゲートになっていてマークブイと対になるゲートブイがこちら。

ち ちっちゃい。。。 見えるかな?

IMG_3030

 

スタート海面はやる気でみなぎっとるな~

IMG_3031 IMG_3032 IMG_3033 IMG_3035 IMG_3037

 

ただ皆、ここは吹かない、微風だ、コース短縮だと口をそろえて言ってるが、何故が微風セッティングにする気が起こらないのよね。結局中風に合わせて準備をするとクラス2がスタートするころには所々にしっかりしたブローがやって来た!

水面で随分風速が違うので注意しないといけないね。

 

で、クラス1スタート。

P7032335

こちらのレースはマークの座標が示されていないので地元艇の動向を見ながらの展開となるだろう。少し出遅れたけどスピンアップ。31Sに対してそんなに遅れてないな。

先行するFrontierと翔が被せ合いをやっるのでほくそ笑んで見ながらフレッシュを掴みつつマーク位置は大体しかわからないので艇団の真ん中をキープ!

風速が上がってきて艇速は8ノットを超えてきた。

 

その時 「バチンッ!!!」

 

???何の音???

 

おっとーーーートッピングリフトが切れたーーーーー

 

一度下すと使えないからどうした物かね~。

 

このレグが終わればしばらく使わないだろうから対策は後回しにしよう。

 

 

そんなこんなで1マーク視認OK!

あとは誰がいつジブアップ、スピンダウンするかのチキンレースだ。

少し早めにジブアップ、スピンダウンのタイミングを伺いながら1マークに団子状態で突入

あのちっちゃいゲートマークを探すどころかシモだ水だルームだと大騒ぎしながらのスピンダウン・・・・・だがハリヤードが降りてこない。

破らないように必死のパッチで回収して第二レグ。

もうちょっとで地引網漁になるところだった。

 

第二レグも少し経った頃。沢山の艇を従えてるよ~。気持ちええな~

IMG_3043

並走しているBORN FREE HEARTが強烈なな上り角度で快走してるな。すごい。

ここで31S軍団に対して丁度真ん中のポジション。

 

勝手が解らない海域でどのコースを選択するのかが非常に重要。

コースとしては風上に向かう方が良いのだが、そちらだと島の影響で風が落ちるかもしれない。

先にスタートしたクラス2も島から離れたコース取りをしているようだ。

しかし海面を見る限り風は落ち無さそうだ。

 

等と考えてるとオクちゃんが

 

「あ~カメラが無い~~~~」

 

へ?

 

さっきのスピン取り込みで手間取ってる間にアクションカムとボートフックをレッコした模様。。。

もっといいカメラ欲しいな~などと考えているとこのザマである。

水密パックに入ってるので運が良ければどこかの海岸に流れ着いてるかもしれない。

 

 

レースに戻り

先にタックした後続艇の動きから風があるのを確認してタック

その後、先行艇が先にタックを返すが、こっちはレイラインを超えるまで辛抱。

 

2回のタックでフロンティア、翔、エスプリとミートし全31Sの前に出た!

 P7032346-1

 

ここからが問題。

まず、島がありすぎてどの島を回ればよいのか解らない。

先行艇を注視して入っていく隙間を確認した。ちょっとロスしたかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次の問題

島からは暗岩が根のように伸びているらしい。

コースへ向かうにはこの暗岩を交わして島を回り込まないといけないのだがどこまで伸びてるのかさっぱりわからない。

先行艇はすでに通過した後だしどうしようかな~?遠来艇はつらいな~

 

ちょっとベアして後続がどんな動き探ってみようか。

ウチが下がった所までしか付いて来ない。IMG_3045

 

後ろ見たらこっちをガン見しとるがな。

さては人柱にするつもりやな。遠来艇になんちゅう仕打ちをするんや~

IMG_3044

仕方ない。潮目が完全にからるところまで引っ張ってベア。

この後スピンを上げるか微妙なところだが一旦ポジション取りのラフィングマッチが始まった。

 

最初にスピンを上げたのはエスプリ。周りは様子見。

 

次に翔、Frontierとスピンアップ。

 

ブローチングで白鳥の湖を踊りながらドンドン落ちて行ってくれるね~

そのまま遠くに行って下さい。

 

こちらはジブで最短距離を狙う

IMG_3047

 

 

そしてフィニッシュ!おつかれさ~ん

IMG_3049

 

結果は

IMG_3053

優勝しちゃいました~ ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
IMG_3051

IMG_3052

あ~楽しかった。

最後に運営さん前夜祭から楽しませてもらってありがとうございました。

来年石の盾をもらいに行きますね~

 

クルーも随時募集しているので興味があれば連絡くださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>